石鹼と合成洗剤 「清掃㊙書」続き

「清掃㊙書」続きです

  • 石鹼と合成洗剤の違い(ラベル表記されています

石鹸(石けん)= 汚れを落とす成分が石鹸(脂肪酸ナトリウム/脂肪酸カリウム)のもの

合成洗剤   = 汚れを落とす成分が「石鹸」それ以外のもの

 

「石鹸(脂肪酸ナトリウム/脂肪酸カリウム)」は、天然の油脂とアルカリというシンプルな成分で作られて、およそ5千年、長い歴史があるそうです。

 

一方、合成洗剤は、汚れを落とす成分が石鹸よりもずっと複雑な構造をしていて、その歴史も第一次世界大戦の頃に始まったもの。そして合成洗剤の汚れを落とす成分にはいくつかの種類があり、また新しいものが開発されるとそれに入れ替わっていきます。

 

  • 身体用の石鹼(身体用は合成洗剤ではないです)

石鹸分99%や98%の無添加石鹸は、身体用に使いやすい製品が多いようです。肌が敏感な人は、配合成分の数が多ければ多いほどトラブルが起きる確率も高まるので、無添加か、それに近いシンプルな成分の石鹸を選ぶとより安心です。

 

  • オーガニック洗剤、エコ洗剤、天然成分100%洗剤は安全な洗剤なのか?

「石けん」でも「合成洗剤」でもない「オーガニック洗剤」?

「家庭用品品質表示法では、「石けん」と「合成洗剤」の分類しかないです。

 

洗剤は、合成洗剤という表示になってしまいますが、天然原料で作られたこの洗剤は石油系の洗剤とは違うので『オーガニック洗剤』と区別して呼ぶ、説明を良く目にします。

でも、家庭用品品質表示法では、なぜ「石けん」と「合成洗剤」を区別しているのか、その根本に帰って考えてみると、この説明の奇妙さに気づきます

 

家庭用品品質表示法で、界面活性剤の種類が「石けん」か「それ以外もの」で表示を区別しているのは、「天然系原料」か?どうかではなく、「石けん」と「それ以外のも」の合成界面活性剤とは性質が全く違うということに注目しているから混乱します。

 

髪の毛用シャンプーや身体用、手洗い石けんは、薄まれば界面活性を失うので、すすいだ後の肌の上や、薄まった排水の中では、もはや界面活性剤ではなくなっています。

石けんでは、手あれを起こさず、川や海の生物にも安全である最大の理由です。

 

他の合成界面活性剤には、このような性質はなく、薄めても、薄めても界面活性が残ります。

このために、肌への悪影響や、水生生物への害が起きてくるのです。「オーガニック洗剤」と呼ばれるものに入っているのは、まぎれもなく、そのような合成界面活性剤です。

 

「天然素材100%」ではなく「天然系素材100%」だ!

というのは、実に巧妙な言葉のトリック様に、感じます。

 

  • 私どもも「エコ洗剤!」と大きく言っていますが、実はこの通りです。

この天然系素材をエコ洗剤と言いますが、確かに界面活性剤の数%と低いです。

食器用洗剤は、普通に30%を超えます。

手の肌荒れが気になる方は出来る限り、%数値の低い洗剤、ゴム手袋を着用しましょう。

 

 

  • カビはどうして発生するのか?

最近では建物の気密性により、季節に関係なくカビが成長するようになりました。

 

◎カビは「真菌」と言う微生物、植物種子の「胞子」を飛ばし拡散します。

1胞子が定着して発芽 空気中から飛んで表面に付着 目に見えません

2菌糸が伸びながら増殖 色素が黒くなりカビなり 目で確認できます

3成長したカビ菌が拡散 空気中に胞子をばらまき広がります 1に戻る

 

◎カビの増殖は4つです

1酸素 生き物に必要な空気です

2温度 20~30℃ なんとも室内の快適な気温です

3湿度 70%以上 室内外に季節通しての湿度です

4栄養 要は汚れ元 皮脂、垢、石鹼カス、タンパク質、炭水化物、アミノ酸など

〇浴室などは、結露の環境が最適と言えるでしょう。

 

ちなみに浴室でみられるピンクヌメリは酵母で成長の早い別の微生物です。空気中に存在し、お風呂場に限らず、水分がある所に付着後、猛スピード繁殖3~4日で、肉眼でわかります。

カビの発生より増殖が早い為、ピンク汚れがカビ発生の合図です。

(メルクマール「カビ指標」です)

 

◎人に害を与える影響ある菌

カビは、糸状菌、きのこ、酵母、3種類に分けることができます。

私たちの生活に悪影響を及ぼし、予防や対策の必要なカビは、「糸状菌」です。

風呂場などに発生する「黒カビ」・水回りに発生する「赤カビ(酵母)」・カビ臭の原因「青カビ」の大きく3種類になります。

 

◎カビ退治掃除(わかっているようで、知らない事)

市販洗剤カビキラー【アルカリ性・塩素系漂白剤】その名通りカビ取り剤で説明します。

浴室での使用方法

1乾いた状態でカビ全体的に噴射する!

(先にシャワー水をかけると根っ子の菌糸まで届きにくいため)

2塩素系漂白剤が染込み白くなります!

(強いカビはラップ・布に染込ませしばらく放置すると良い)

3カビが見えなくなったら、スチーム熱かシャワー温度50度以上で1ヶ所90秒位かけます。漂白剤はカビを脱色しているだけです!熱処理で死滅します!乾燥後アルコール処理で確実に死滅出来ます。(1週間ごとにシャワー温度上げ掛け流し、カビ予防しましょう)

※ハウスクリーニング業者でもこの方法を知らない方、多いです。

一般家庭向け「清掃㊙書!」洗剤の適材適所

水回りコーティング部門で良くお客様に聞かれる事をまとめてみました。

知識が有るのと無いのでは掃除も違います!参考になれば幸いです^^

 

「清掃㊙書!」洗剤の適材適所

【お掃除で「洗剤」使用する時は、必ずゴム手袋をしましょう】

「洗剤の種類は大きく分けて6種類あります」

 

1.アルカリ性洗剤

2.弱アルカリ性洗剤

3.酸性洗剤

4.中性洗剤

5.漂白剤(塩素系/酸素系)

6.研磨剤(クレンザー)

 

1.アルカリ性洗剤

アルカリ性洗剤の特徴は、油汚れを強力に落とす力がある所です。

油脂 タンパク質 炭水化物 の汚れに適しています。

 

特に、油脂汚れの洗浄力はアルカリ度の強さや温度にもよりますが、中性洗剤(界面活性剤)より数段上です。

 

油脂汚れを具体的に言うなら、キッチンの油汚れ お風呂の皮脂汚れ 衣類の皮脂汚れ など

「アルカリ洗浄剤は危険」という理由の1つが、タンパク質汚れを落とせる点です。

人間の体もタンパク質です。体に付かないように注意が必要です。

 

油は酸化して酸性になるので、アルカリ性で分解して落とすのが効果的

市販洗剤では、マジックリンなどがそれにあたります。

 

注意点として、家具やキッチンでツヤのあるものにはニスが塗ってあることがあります。

これにアルカリ性洗剤を使用すると、ニスは油でできていますので、徐々に油を分解し、繰り返し使用することでニスがはげてしまい、家具のつやをなくしてしまうことがあります。

アルミ製品なども溶かしてしまうので、長時間放置すると薬品焼けをおこしてします。

 

油汚れは、これに限るは・・・使い方です。

万能洗剤など、希釈20倍に薄めてもしっかり油を分解してくれる。

注意点は、強力な洗剤なので原液でつかうと素材を傷めます。

必ず10倍以上に水で薄めて使うこと!!

 

2.弱アルカリ性洗剤

カベや家具、床や壁など比較的油分の少ない汚れに適応している洗剤です。

弱アルカリ性洗剤の特徴は、素材をあまり傷めることなく汚れを分解する力が強いことです。

お部屋のいろいろな汚れに対応できるので万能な洗剤だと言います。

頑固な油汚れに対応することが出来ません。

市販洗剤では、カンタンマイペットなどがそれにあたります。

他にもガラス用洗剤も弱アルカリ性洗剤です。

 

3.酸性洗剤

トイレの尿汚れの石のように硬い汚れに効果があります。

水アカ 尿石 サビ  などの汚れが落とせます。

 

家庭用として 酸性洗浄剤は、ほとんど売られていないのが現状、あるとしたらトイレの尿石落としぐらいです。

鏡のウロコ、お風呂やキッチンの白い結晶のような汚れを強力に分解してくれます。

注意点として、鉄やステンレスを酸でとかしてしまうので、蛇口などを洗うときには、十分にうすめて使用して、早めにお水で流します。

市販洗剤では、サンポールなどがそれにあたります。

酸性洗剤の弱点は、金属を溶かしてしまうこと。 固まった水垢スケールは繰り返しつけ置きや、柔らかくしてからクレンザーやスクレイパーでけずります。サビ落としはリン酸を使います

酸で手が荒れるのでゴム手袋必須です。

 

4.中性洗剤

主に界面活性剤の力で汚れを落とす洗剤です。

界面活性剤とは、簡単に言うと油と水は反発しあうものですが、界面活性剤を使用すると水と油が反発しなくなり、油が水に溶けた状態、乳化です

 

脂分をうまく水で洗い流すことができます。中性なので素材を傷めることなく、また、身体への影響も少ないので、手荒れの心配が少ないです。

市販洗剤では、バスマジックリンや食器洗い洗剤などがそれにあたります。

プロは、窓の洗浄に使うことがありますが、それ以外ではあまり使いません。

 

5.漂白剤

塩素系と酸素系と2つの種類があります。

塩素系漂白剤は、塩素の強力な漂白作用により、カビなどの微生物を分解することができます。キッチンのヌメヌメやお風呂の黒かびなどを強力に分解します。

市販洗剤では、カビキラー・キッチンハイターなどがそれにあたります。

注意点としては、酸と塩素(漂白剤)が混ざると、猛毒なガスである塩素ガスが発生し、死に至る危険性があり絶対に、酸性洗剤やクエン酸などは×「混ぜるな!危険!」です。

 

酸素系漂白剤は、過炭酸ナトリウムを主成分として、水に溶けると過炭酸水素と炭酸ソーダに解離して、やわらかな漂白効果があります。

漂白効果が弱いので、色や柄物、布類製品など、洗濯剤に使用できます。

炭酸ソーダの発砲作用で、汚れを落とす力もあります。

 

6.研磨剤

一般的にクレンザーと呼ばれ、キッチンの焦げ付き汚れを細かいスクラブで削って落とします。

市販洗剤では、クリームクレンザーやカネヨンが、それにあたります。

やわらかい傷つきやすい素材を傷める可能性がありますので、光沢のある素材や透明でやわらかい素材などに使用するのは避けてください。

 

※大きく分けて以上6つとなります。

パッケージに必ず成分表が書いてありますのでよく読む事と、適材適所が解ります。

同じ効果の洗剤を買わないように注意すれば・・・洗剤で収納満タンを回避!

 

※市販されている洗剤で、汚れの落ちない 「ダメな洗剤」 は少ないです。

ただ、成分と汚れの相性を考えずに使用すると・・・

汚れが、落ちなかったり、充分に効果が出せないことがあります。

洗剤をうまく使う知識をつけると、どんな洗剤でも使いこなせるようになります

 

太陽光発電 各メーカー保証内容

太陽光発電 各メーカー保証内容

太陽光パネルモジュール出力保証は各社同じ位です。

この発電ロスはかなりなものです。毎月、毎年キチンと比較確認が必要ですね

 

メーカー保証と販売店保証は別です

メーカー名 メーカー保証期間 申し込みの有無 定期点検サービス 災害補償 災害補償の内容 Webページ
エスパワー ・10年(ソーラー・パネルの出力保証、パワーコンディショナなどのシステム保証) 定期点検制度あり 10年保証制度(無償) ・10年間、火災や自然災害での損害を補償
カナディアン・ソーラー ・25年(ソーラー・パネルの出力保証)/10年(ソーラー・パネル、パワーコンディショナなどのシステム保証)
カネカ ・10年ソーラー・パネルの出力保証、パワーコンディショナなどのシステム保証)/1年(発電モニタ) 1年目、4年目、8年目にお客さまにアンケート調査を実施
京セラ ・10年(ソーラー・パネルの出力保証、パワーコンディショナなどのシステム保証)/1年(発電モニタ) 不要(ただし設置1年後の無償点検を受けること) 任意点検(有償) 10年保証制度(無償) ・10年間、火災や自然災害での損害を補償
サンテックパワー ・25年(ソーラー・パネルの出力保証)/10年(ソーラー・パネル、パワーコンディショナなどのシステム保証) サンテックパワー総合補償制度は販売店単位付帯 定期点検なし/1年目/1年目と3年目の選択可能、随時点検(有償) サンテックパワー総合補償制度(無償) ・10年間、火災、落雷、雪災、風災、水災などによる災害に対して、1回の事故につき200万円までを補償
・10年間、完成引渡し後に設置箇所の瑕疵により、雨漏りが発生し、修繕が必要となった屋根に対して200万円を上限に修繕費を補償
シャープ ・10年保証(無償):10年(ソーラー・パネルの出力保証、パワーコンディショナなどのシステム保証)
・まるごと15年保証(有償):15年(ソーラー・パネルの出力保証、パワーコンディショナなどのシステム保証)
必要(設置時に10年保証/まるごと15年保証を選択) Webモニタリングサービス(申し込み必要)に加入により、異常検出時に点検。 SUNVISTA総合保障制度(有償) ・10年間、自然災害などにより機器に損害があった場合に200万円を上限に修繕費を補償
・10年間、建物が火災・ 台風・水害などで20万円以上の被害に見舞われた場合、お見舞い金として最大50万円を支払い
ソーラーフロンティア ・20年(ソーラー・パネルの出力保証)/10年(パワーコンディショナなどのシステム保証) 必要(設置1年、5年、9年後の点検を受けること) 1年/5年/9年を推奨(有償)
高島(スマイルソーラー) ・25年(ソーラー・パネルの出力保証)/10年(ソーラー・パネル、パワーコンディショナなどのシステム保証)/10年間(工事によって生じた不具合を補償する工事補償) 太陽光パネル24時間見守りサービス(インターネットを利用したモニタリング・サービスあり) 高島PV総合補償制度(有償) ・10年間、自然災害(地震・火山・津波は補償対象外)などにより機器に損害があった場合に損害を補償
・異常気象などで年間の日照時間が基準値を下回った場合、日照時間に対応して最大25万円までを補償
東芝 ・20年パワフル保証(有償):20年(ソーラー・パネルの出力保証)/15年(パワーコンディショナなどのシステム保証)
・15年パワフル保証(有償):15年(ソーラー・パネルの出力保証)/15年(パワーコンディショナなどのシステム保証)
・10年保証制度(無償):10年(ソーラー・パネルの出力保証)/10年(パワーコンディショナなどのシステム保証)
必要 1年/4年を推奨(有償)
長州産業 ・10年(ソーラー・パネルの出力保証、パワーコンディショナなどのシステム保証)/2年(発電モニタ) 必要
パナソニック ・20年(HIT240α/HIT235α/HITハーフタイプ120αの出力保証)/10年(パワーコンディショナなどのシステム保証)/1年(発電モニタ)
・10年(そのほかのソーラー・パネルの出力保証)/10年(パワーコンディショナなどのシステム保証)/1年(発電モニタ)
必要 自然災害10年補償(有償) ・10年間、自然災害などにより機器に損害があった場合に300万円を上限に修繕費を補償
三菱電機 ・20年(2012年10月1日以降の保証書発行分のソーラー・パネルの出力保証)/10年(ソーラー・パネル、パワーコンディショナなどのシステム保証)/1年(発電モニタ)
・10年(そのほかのソーラー・パネルの出力保証)/10年(ソーラー・パネル、パワーコンディショナなどのシステム保証)/1年(発電モニタ)
必要 4年ごとの定期点検制度あり(有償) 災害補償制度(有償) ・10年間、自然災害などにより機器に損害があった場合に200万円を上限に修繕費を補償
LIXILエナジー ・10年(ソーラー・パネルの出力保証、パワーコンディショナなどのシステム保証)/2年(発電モニタ) 不要 リクシルソーラー安心補償制度(無償) ・10年間、自然災害(地震・火山・津波は補償対象外)などにより機器に損害があった場合に200万円を上限に修繕費を補償

太陽光発電メリット・デメリット

太陽光発電を屋根に「今」設置されている方から、良く聞かれる事は・・・

ビックリですが、何が良いのか解らない。売電されているけどローン返済しているからね

毎年売電価格が下がってね・・・悪くないけど、良ったのかな? など

メリット・デメリットをほぼ毎回、意見を求められるのが現状です。

ショッピングセンター宣伝で家電製品感覚の設置や販売に来られて何となく良かったから設置した。

現状設置されている方の多い購入理由です。

 

今回、メリット・デメリットについて書きます。(初心に戻る感じですが)

●メリット

メリット1.余った電力を売ることができる

昼間に発電した電力は家庭やビルなどで使われる電気として消費することになりますが、使い切れずに残った電気を電力会社が買い取ってくれる制度があります。

メリット2.地球に貢献により補助金を受け取れる

CO2を排出しないという点も太陽光発電の1つのメリットですが、地球温暖化抑制に貢献することから国や自治体が補助金制度を設けています。

メリット3.災害時の非常用電源となる

太陽光発電システムのパワーコンディショナーを利用することによって、自然災害によって停電が起こった場合などでも家庭に電気を供給することができます。

●デメリット

デメリット1.設置費用が高い

太陽光発電を一般的な家庭に導入するための設置費用としておよそ120~200万円程度の初期費用がかかり、頭金の準備やローン活用などの検討が必要になります。

デメリット2.発電量が不安定

天候や地域によって発電量が大きく異なるため、設置を希望している場所の日射量や屋根の向きなどについて十分な調査が不可欠となります。

デメリット3.メンテナンスが必要

太陽光発電システムの耐用年数は20から30年程度と比較的長いですが、設置費用を回収するためには定期的なメンテナンスを施して効率よく発電量を維持することが大切です。

 

こんな感じですが、ご安心ください

売電価格が30~32円/KWhに下がっても現在設置されている方は大きなメリットがあり、今後消費税が10%に上がるまでに設置する方までは、メリットが高まると思われます。

 

 

 

 

 

洗剤の希釈方法 早わかり表

水回りコーティング専門ホームページ内、ブログで掲載しました文面です。

私ども洗浄剤や薬品などを毎日使用する為、設備・汚れ度合い・品物によって希釈を変えます。

最近のTVCM通販で、お徳用・プロ用・ホームセンターの業務用・など購入する事有ると思います。

必ず取扱説明書に記載されています。

「〇〇に使用する際は30倍に希釈してください」

希釈を間違えると~  全然汚れが落ちない! 掃除した部分が変色した! 30倍にしたら水だ!

なんだこの商品はおかしいよ~ に繋がり、自宅収納スペース満タンのお蔵入り商品に大抵なります。

今回は希釈計算方法希釈表を載せてみました。

希釈計算方法 「例:30倍希釈で300mlの洗剤を作りたい場合」

① 原液洗剤の量を求めます。
作りたい洗剤の量 ÷ 希釈率 = 原液洗剤の量
300ml(作りたい洗剤の量)÷ 30倍(希釈率)= 原液洗剤の量 10ml

② 水の量を求めます。
作りたい洗剤の量 - ①で求めた原液洗剤の量 = 水の量

300ml(作りたい洗剤の量)- 10ml(①で求めた原液洗剤の量)= 水の量 290ml

◎ 原液洗剤の量 10ml + 水の量 290ml = 300ml

   30倍 希釈した  300ml 洗剤が完成!

希釈倍数 「早わかり一覧表

作りたい洗剤の量 希釈率 原液洗剤の量 水の量
400ml 原 液 400ml 0ml
5倍 80ml 320ml
10倍 40ml 360ml
20倍 20ml 380ml
30倍 15ml 385ml
50倍 8ml 392ml
100倍 4ml 396ml
作りたい洗剤の量 希釈率 原液洗剤の量 水の量
500ml 原 液 500ml 0ml
5倍 100ml 400ml
10倍 50ml 450ml
20倍 25ml 475ml
30倍 20ml 480ml
50倍 10ml 490ml
100倍 5ml 495ml
作りたい洗剤の量 希釈率 原液洗剤の量 水の量
1000ml
(1ℓ)
原 液 1,000ml 0ml
5倍 200ml 800ml
10倍 100ml 900ml
20倍 50ml 950ml
30倍 30ml 970ml
50倍 20ml 980ml
100倍 10ml 990ml

 

コーティングの種類

「水廻りコーティング」と「太陽光パネルコーティング」

材料・施工方法・設備用途に応じて異なります。

お客様にわかりやすくご理解頂く為に、あえてホームページ別々にしました。

 

●水廻りコーティングは撥水性 水が玉の様に弾く

建材の吸水、エフロ、腐食、カビなどを防止、保護するために水を弾く加工をする

私どもは屋内設備向きに施工しています。(バスタブ・キッチンシンク・トイレ・洗面化粧台・床タイルなど)

特性・特徴などは、サイト内、水廻りコーティング専門にクリック出来ます。

http://sp-maintenance.com/  ←こちら

 

●太陽光パネルコーティングは親水性 薄く拡がり水滴を作らない・弾かない

水との間に水素結合を作ることで、水に溶解しやすい混ざりやすい性質

黄砂・花粉・排ガス・ホコリ・獣糞 水で汚れ洗流し、帯電防止で汚れを寄せ付け難く加工をする

私どもは屋外設備向きに施工しています。(太陽光パネル・看板・車輌・外壁・雨のあたる設備など)

 

何となく伝わりましたでしょうか?

コーティングは次世代の 「LCC(ライフサイクルコスト)」

生活環境に合わせ、設備を大切により長く使用し、低コストに利用できる物として、期待されています。

ホームページオープン

「太陽光パネルコーティング専門」

ホームページオープンしました。

コーティング剤の材質・施工方法も異なる為、以前ページとあえて別々に製作致しました。

「水回りコーティング専門」もクリック出来ます。

今後ともよろしくお願いいたします。